『有機溶剤作業従事者・安全衛生教育』講習会を実施しました 

 

神奈川県中小建設業協会では、当協会の青年部と協力し、平成28年9月11日(日)に『有機溶剤作業従事者・安全衛生教育』(短縮6時間コース)講習会を企画・実施致しました。

教習機関である「キャタピラー教習所株式会社・相模教習センター」より前田幸雄講師をお呼びして、建設業労働災害防止協会のテキストとプロジェクターを使い、「作業環境管理」「作業管理」「健康管理」「災害事例及び関係法令」について分かりやすく講習を進めていただきました。

今回の有機溶剤作業従事者の講習会は、屋内作業上にて接着剤・艶出し・シンナー・ラッカーを扱う方が有機溶剤による身体的な被害防止の指揮・監督を行う為に必要な資格です。

有機溶剤は、塗装、洗浄、印刷等幅広い作業で使用される有用性の高い物質ですが、揮発した高濃度の蒸気を吸入すると中毒にかかる有害な物質でもあります。
中毒は換気や保護具着用等で防止できるにも関わらず、有機溶剤の特性や毒性の認識不足等に起因する労働災害が発生しています。

労働安全衛生法では、事業者は危険又は有害な業務に労働者を従事させる場合は安全衛生教育を行うよう規定され、関係法令により有機溶剤業務従事者に対する教育カリキュラムが示されており、組合の参加者の中には、自身の業種とは異なっていても受講して資格取得されている方もいらっしゃいました。
キャタピラー教習所からは比較的人気のある講習会だと伺っており、朝9時~午後2時近くまでの長丁場でしたが、参加者全員補講を受けることなく修了証を交付することができました。

今後も様々な講習会を開催してまいりますので、まだ受講されたことのない方は是非ご参加ください。また、「こんな講習会を開いてほしい」などご要望がありましたら、神奈川中小建までご意見をお寄せください。

青年部 企画・担当:松田

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。